icon


Q1. 基金の年金はいつまでもらえるのですか?
Q2. 会社を短期間で辞めてしまった場合でも年金はもらえますか?
Q3. 雇用保険の失業給付を受けている場合でも年金はもらえますか?
Q4. 65歳を過ぎたのにまだ厚生年金の保険料と基金の掛金が引かれていますがどういうことですか?
Q5. 一時金とは何ですか?また、一時金を受給すると年金は受けられなくなりますか?
Q6. 60歳で年金をもらうより65歳になってから請求したほうがいいという話を聞きましたが、60歳で年金を請求すると損ですか?
Q7. 年金の支払日はいつですか?
Q8. 年金受給者が亡くなった場合、遺族に年金は出ますか?
Q9. 加入中に年金が受けられる年齢に到達したのですが、何か手続きが必要ですか?
Q10. 今月定年退職しますが、年金は請求すればすぐに受けられますか?基金の年金手続きをしたのに、通知がきません。どうなっていますか?
Q11. 在職中に「退職年金裁定請求書」が届きましたが、提出は退職してから提出するということでしょうか?
Q12. 在職中に報酬が下がりましたが、なにか手続きは必要ですか?
Q13. 所得に変化ありませんでしたが、「年金支払額変更通知書」が年に何度か届くのはなぜですか?
Q14. 「65歳からの繰下げ制度について」という案内が来ましたが、どういうものですか?
Q15. 以前勤めていた会社が測量基金に加入していましたが、年金額と請求方法はどのようにしたら分かりますか?

icon ページの先頭へ

Question1
icon 基金の年金はいつまでもらえるのですか?
 
  終身になります。
年金受取人がお亡くなりになるまで一生涯給付されます。
 

icon ページの先頭へ

Question2
icon 会社を短期間で辞めてしまった場合でも年金はもらえますか?
 
  加入員期間が1ヶ月以上であれば、将来年金を受ける年齢になった時に年金は支給されます。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question3
icon 雇用保険の失業給付を受けている場合でも年金はもらえますか?
 
  当基金の年金のうち、基本年金(国の老齢厚生年金を代行している部分)については、
65歳未満の方で雇用保険による基本手当て(失業給付)を受けている間は支給されません。
ただし、60歳以上であれば加算年金(基金の上積み部分)は全額支給されることとなります。
 

icon ページの先頭へ

Question4
icon 65歳を過ぎたのにまだ厚生年金の保険料と基金の掛金が
引かれていますがどういうことですか?
 
  会社にお勤めの場合、70歳誕生日の前日までは厚生年金と基金に加入することになりますので、
厚生年金保険料と基金の基本掛金をご負担いただきます。
 
65歳で終了になるのは事業主様負担の加算掛金のみとなります。基本掛金については引き続き
ご負担いただき、退職または70歳到達時に年金額の再計算を行います。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question5
icon 一時金とは何ですか?
また、一時金を受給すると年金は受けられなくなりますか?
 
  基金の給付には、基本部分(国の年金を代行する部分)と加算部分(基金の上積み部分)の給付
があります。このうち加算部分については将来の年金とせず、一括で受け取ることができます。
これを一時金といいます。
 
なお、加算部分を一時金として受給しても、基本部分については年金として一生涯受けられます。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question6
icon 60歳で年金をもらうより65歳になってから請求したほうがいいという
話を聞きましたが、60歳で年金を請求すると損ですか?
 
  損ではありませんのでご安心ください。
 
60歳からの年金は特別支給の老齢厚生年金といい、支給要件に該当された方のみに
支払われます。この部分は後から請求したとしても金額は変わらない部分になります。
65歳になってから請求してもお支払が発生していれば過去に遡って精算となりますが、
増額はされません。
 
また、本来支払うべきであった年の所得として申告する必要がありますので、修正申告等を
しなければなりません。
 

icon ページの先頭へ

Question7
icon 年金の支払日はいつですか?
 
  各支払月の第1営業日*になります。(国の年金は15日支払です。)支払月は年金額によって
下表のようになります。
 
年金年額 年金支払月
  6万円未満
  6万円以上 15万円未満
  15万円以上27万円未満
  27万円以上
  6月
  6月、12月
  2月、6月、10月
  2月、4月、6月、8月、10月、12月
 
* 第1営業日 … 金融機関の休業日を除いた月初の営業日のこと。
 
(例)○月1日が土曜日の場合、支払日は○月3日(月)になります。
 

icon ページの先頭へ

Question8
icon 年金受給者が亡くなった場合、遺族に年金は出ますか?
 
  基金には、遺族年金制度がありませんので、ご本人様がお亡くなりになった月までの年金支給と
なります。ご遺族の方が、遺族厚生年金に該当される場合は基金加入期間もあわせて計算され、
日本年金機構より支給されます。
 
加算年金を受給している方が保証期間内に亡くなった場合は、生計を同じくしているご遺族の方に
遺族一時金の支給があります。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question9
icon 加入中に年金が受けられる年齢に到達したのですが、何か手続きが
必要ですか?
 
  受給権(年金を受取る権利)が発生していれば在職中であっても年金の請求手続きを行うことが
できます。その場合、下記の手順で手続を行ってください。
 
@ 国の老齢厚生年金の請求手続き
受給権が発生する方は、その3ヶ月前に日本年金機構から請求書等がご自宅に送付されます
ので、それに従い年金事務所にて手続きを行います。手続き完了後、1〜2ヶ月程度で
年金事務所から「国民年金・厚生年金保険年金証書」が送付されます。
 
A 基金の年金請求手続き
@の手続き完了後送付された「国民年金・厚生年金保険年金証書」のコピーを基金にお送り
ください。
 
基金で受給権等を確認した後に基金の「裁定請求書」をご自宅にお送りしますので必要事項を
記入し添付書類を添えて基金へご提出ください。基金で決定後、基金の「年金証書」をお送り
いたします。
 
なお、在職中の基金の年金支給額は、老齢厚生年金の停止額等により決定されます。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question10
icon 今月定年退職しますが、年金は請求すればすぐに受けられますか?
基金の年金手続きをしたのに、通知がきません。どうなっていますか?
 
  基金の年金は国の厚生年金保険の一部を代行しているため、支給額決定時に厚生年金本体へ
照会を行うことになっています。そのため、請求後すぐに受けられるものではありません。
 
照会は企業年金連合会を通して行われ、回答を得るまでに要する時間は最短でも2ヶ月、その
回答を得てからお支払できるまでにさらに2ヶ月ほどかかってしまいます。この手続きを経て
基金で年金を決定後「裁定通知書」をお送りします。
 
初回のお支払はどうしても遅くなってしまいますが、お支払が発生する場合はその月まで遡って
まとめてお支払します。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
 

icon ページの先頭へ

Question11
icon 在職中に「退職年金裁定請求書」が届きましたが、提出は退職してから
提出するということでしょうか?
 
  国の年金と基金の年金を区別するため、基金の年金は「退職年金」という名称になっています。
在職中であってもこの名称を使います。
 
当基金加入中に「退職年金裁定請求書」が届いた方は、なるべくお早めにご提出ください。
 

icon ページの先頭へ

Question12
icon 在職中に報酬が下がりましたが、なにか手続きは必要ですか?
 
  ご本人様の手続きはご不要です。停止の計算は年金事務所で行われ基金へ情報が提供されます。
 

icon ページの先頭へ

Question13
icon 所得に変化ありませんでしたが、「年金支払額変更通知書」が年に
何度か届くのはなぜですか?
 
  厚生年金では、総報酬制で所得の計算を行います。諸手当を含む「給与(標準報酬月額)」と
「直近1年間に受けた賞与(標準賞与額)の1/12」の合計を「総報酬月額相当額」といいます。
総報酬月額相当額は、毎月見直され、賞与支給があったり、賞与支給から1年以上経って
計算から外れると支給額停止額が変更されます。
 
また、被保険者が実際に受ける報酬と既に決められている標準報酬月額が大きくかけ離れない
よう毎年4,5,6月(3ヶ月間)の報酬月額の平均を算出し、厚生年金保険料を決定する定時改定
(算定基礎届)を行います。この定時決定は9月から適用されるため総報酬月額が変更となります。
 
この届出は会社が年金事務所と基金へ提出した届により決定されます。この決定により停止額が
変更になる場合があります。
 

icon ページの先頭へ

Question14
icon 「65歳からの繰下げ制度について」という案内が来ましたが、どういう
ものですか?
 
  65歳からもらえる年金を1年以上もらわないことによって、翌年以降に受取る年金が増額される
制度です。増額率は月額0.7%になります。
 
1年間もらわない分の元を取るのに十数年を要します。
また、繰下げ期間を終了し、年金の受給を開始するのも時間がかかるようですので熟考のうえ、
お申出いただいたほうがよいでしょう。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ

Question15
icon 以前勤めていた会社が測量基金に加入していましたが、年金額と
請求方法はどのようにしたら分かりますか?
 
  加入期間が15年以上ある方(脱退時の年齢が50歳以上の方は10年以上)は当基金より60歳の
お誕生月の中旬頃(1日生まれの方は誕生月の前月)に年金についてのご案内をお送りします。
 
上記以外の方は企業年金連合会から年金を受給することになります。
通常、お誕生月の前月に請求書が送られてきます。
 
 
  ご自分がどこで年金を受けるのかわからない場合は当基金までお問い合わせください。また、住所
不明等で請求書が戻ってくることもございますのでお誕生月が過ぎて書類が届かない場合もお問い
合わせください。
 

icon 関連ページへ   icon ページの先頭へ