icon


Q1. 加入員が65歳を超えている場合の保険料は?
Q2. 加入員の住所が変わったのですが、手続きは必要ですか?
Q3. 年金・一時金の手続きを忘れていたのですが、今からでも大丈夫ですか?
Q4. 一時金を選択したいのですが、すぐに受け取ることができますか?

icon ページの先頭へ

Question1
icon 加入員が65歳を超えている場合の保険料は?
 
  加入員が65歳を超えた場合および65歳を超えて加入員となった場合の保険料につきましては、
事業主負担の加算標準掛金(9/1000)と加算特別掛金(6/1000)について免除となります。
 
なお、その他の保険料につきましては65歳未満の加入員と同様の取扱いとなります。
 

icon ページの先頭へ

Question2
icon 加入員の住所が変わったのですが、手続きは必要ですか?
 
  基金への届出は必要ありません。
基金では、お勤めの間はすべて事業所を通しての手続きとなりますので、ご住所の登録は退職時に
行っております。年金事務所への手続きは必要ですが、基金への手続きは不要です。
ただし、既に基金の年金受給者となられている方は手続きが必要です。
 

icon ページの先頭へ

Question3
icon 年金・一時金の手続きを忘れていたのですが、今からでも大丈夫ですか?
 
  年金・一時金等に関する請求の時効は5年と定められています。
時効前の請求であれば、遅れてのご請求であっても過去に遡って計算し、給付を算定いたします。
なお、年金のお支払いには確認等により、時間がかかってますので、なるべくお早めのご請求を
お願いいたします。
 

icon ページの先頭へ

Question4
icon 一時金を選択したいのですが、すぐに受け取ることができますか?
 
  毎月2回、1日と15日(金融機関休日の場合は翌営業日)を支払日としております。
ただし、支払いを行う該当者および支払い金額等を決定するのは、支払日より約1ヶ月前に確定する
こととなりますので、請求のタイミングによって1〜2ヶ月程度の期間を要することとなります。
 

icon ページの先頭へ