icon


厚生年金基金とは、厚生年金保険に加入している事業主と、その従業員によって組織され、厚生大臣の認可を受けて設立された特別法人です。基金は、国の厚生年金保険の一部(老齢厚生年金の報酬比例部分)を国に代わって運営(代行)し、さらに基金独自の手厚い給付を行い、加入者(経営者と従業員の双方)の老後生活の安定と福祉の向上を図ることを目的としています。

基金制度の有利な点は、国が行う事業の一部を業界で自主運営することによって、年金額や支給条件を良くしたり、業界の事情に合わせて加入者や年金受給者のみなさまの各種の福祉事業を行えることです。
 
【加入資格】・・・厚生年金の被保険者全員が加入者となります。
【年金給付】・・・基本部分(基本年金)と加算部分(加算年金・一時金)があります。


icon ページの先頭へ