icon


「国民年金」は20歳から60歳までの強制加入です。
「厚生年金保険」は会社にお勤めの間、70歳まで加入できます。
 

 
皆さんは現在、国民年金と厚生年金の両方に加入し、さらに私たちの厚生年金基金に加入していることになります。
将来、国民年金から老齢基礎年金(高齢になったとき)、障害基礎年金(病気やけがで障害が残ったとき)、遺族基礎年金(死亡したとき)を受けます。 厚生年金からは、基礎年金にプラスするかたちで老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金が受けられます。 さらに、私たちの基金からは厚生年金の一部を代行する部分と独自の給付設計による上乗せ部分が受けられることとなります。

icon ページの先頭へ