icon


icon国へ保険料、基金へ掛金を納めます。
  みなさんは、将来国や厚生年金基金から、年金や一時金を受けるため、毎月の給料(報酬標準給与月額)と賞与(賞与標準給与額)から、厚生年金保険料と厚生年金基金掛金を納めます。厚生年金に納める分を、“保険料”厚生年金基金に納める分を“掛金”といいます。
 
icon「厚生年金保険料」は会社と加入員が半分ずつ負担
  厚生年金保険料は、みなさんの毎月の給料(報酬標準給与月額)や賞与(賞与標準給与額)に応じて決められ、会社と加入員が半分ずつ負担しますが、基金加入員については、基金が代行する老齢厚生年金(報酬比例年金)部分の給付に見合う分だけ国(年金事務所)への納付が免除され、その免除分(※免除保険料率)を基金へ掛金として納付しています。
 
(注)免除保険料率……基金は老齢厚生年金(報酬比例年金)を代行しているため、国へ納付する保険料が減額されます。この減額相当分の保険料を免除保険料といいます。当基金の免除保険料率は、4.0%です。
 
icon「基金掛金」基金の増加掛金分は会社が負担
  基金では、厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例年金)を代行し、独自の上乗せ部分を設けていますので、当然掛金はその分多くなります。しかし増えた分は会社(事業主)が全額負担となりますので、みなさん(個人)の負担は基金に加入しても変わらず、増えることはありません。
 
 

厚生年金保険料推移表
適用年月 加入員・
事業主各負担
合計保険料率
平成17年9月- 5.144% 10.288%
平成18年9月- 5.321% 10.642%
平成19年9月- 5.498% 10.996%
平成20年9月- 5.675% 11.350%
平成21年9月- 5.852% 11.704%
平成22年9月- 6.029% 12.058%
平成23年9月- 6.206% 12.412%
平成24年9月- 6.383% 12.766%
平成25年9月- 6.560% 13.120%
平成26年9月- 6.737% 13.474%
平成27年9月- 6.914% 13.828%
平成28年9月- 7.091% 14.182%
平成29年9月- 7.150% 14.300%
※上記推移表は免除保険料率4.0%が除かれています。
平成16年に年金制度改正が行われ、厚生年金保険料は毎年0.354%ずつ
引き上げられ、平成29年9月以降18.3%で固定されることとなっています。

icon ページの先頭へ