icon


基金の適用事務とは、加入員の資格取得・資格喪失または報酬標準給与や賞与標準給与などの加入員の資格に関する一連の事務のことをいい、基金は、国の厚生年金保険の一部を代行していることから、加入員の資格については、厚生年金保険における被保険者の資格に関する取り扱いと同様になります。
 
これらの事務は、事業主及び加入員が毎月負担する掛金の額を算定する基本となるほか、将来の年金給付や一時金給付のために必要な基本記録となるもので、正確にかつ、迅速に行われなければなりません。
 
したがいまして、基金の帳票は年金事務所や健康保険組合への届出についても同時に行えるよう、複写で記入できるようになっています。
 
 
@ 従業員が入社した時の届出 加入員資格取得届
A 従業員の給与等が大幅(等級表で2等級以上)に変わった場合の届出(随時改定) 加入員報酬標準給与
月額変更届
B 従業員の給料等を年に一度(7月)基金にご連絡いただく届出(定時改定) 加入員報酬標準給与
月額算定基礎届
C 従業員が退社した時の届出 加入員資格喪失届
D 従業員が産前産後・育児休業に入ったときの届出
※平成27年11月1日以降(将来分代行返上以降)の届出は不要です。
産前産後休業取得者申出書
育児休業等取得者申出書
E 加入員の氏名変更(訂正)や生年月日などを変更(訂正)する届出 加入員の各種変更(訂正)届
F 事業主の変更や事業所に関する事項の変更(訂正)があったときの届出 適用事業所関係変更届