icon


将来分の代行返上に伴い、平成27年11月分より、これまで基金に納めていただいていた賞与に係る掛金は国(日本年金機構)の厚生年金保険料として国に納めていただくことになります。 掛金の請求は発生いたしませんが、代行部分の上乗せ給付(プラスアルファ部分)の計算には賞与額も反映されるため、従来通りお届出が必要となります。

iconどんなときに届出るの?
 icon賞与を支払ったとき
 icon届出先

icon賞与の範囲は?
賃金、給与、俸給、その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の
対象として受ける すべてのもののうち、三月をこえる期間ごとに受けるものをいいます。
年4回以上支給される給与は 賞与と同一性質を有するものが年4回以上支給される場合は、
報酬に該当します。
ただし、例外的に給与が分割された場合は、分割分をまとめて1回と数えることになります。

icon賞与の掛金(保険料)は?
  賞与は、賞与標準給与額として算定され、掛金(保険料)の対象となり、また、
年金給付の対象となります。
賞与標準給与は、加入員が受けた賞与額(1,000円未満切り捨て)とし、上限は150万円となります。
 

icon 保険料・掛金月額表      icon ページの先頭へ