icon


65歳から受けられる老齢基礎年金・老齢厚生年金及び基金の基本年金をご本人の選択により66歳以降に支給を繰下げることができ、年金が増額されて支給されます。
支給の繰下げは、老齢基礎年金と老齢厚生年金それぞれについて両方またはいずれか一方のみの選択が可能です。
基金の基本年金は、老齢厚生年金と連動した扱いとなります。老齢厚生年金或いは基金の基本年金のいずれか一方のみの支給の繰下げはできません。また繰下げ期間も同じになります。
繰下げできる期間は最長で70歳までです。
65歳の誕生月に社会保険業務センターから送付される「老齢給付裁定請求書」を返送しなかった場合、老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方について支給の繰下げを選択したとみなされます。
老齢基礎年金のみ或いは老齢厚生年金のみ支給の繰下げを選択する場合は、65歳の誕生月に社会保険業務センターから
送付される「老齢給付裁定請求書」にて繰下げを希望する年金を選択し返送します。
老齢厚生年金の支給の繰下げを行う場合は、基金の基本年金の支給の繰下げ申し出を行う必要があります。
申し出方法は、65歳の誕生月の前月に基金から送付される繰下げ受給の意思確認書をご記入のうえ基金にご返送ください。
 
 

icon ページの先頭へ