icon


icon厚生年金基金とは
  国の年金は、原則 20 歳以上 60 歳未満の全ての国民が加入する国民年金と企業の従業員が加入する厚生年金保険、公務員の加入する共済年金等の制度があります。
厚生年金基金は、厚生年金保険の一部を国に代わって支給することに加え、基金独自の年金(加算年金)を上乗せして、より手厚い給付を行うことを目的とし、厚生労働大臣の認可を得て設立されている公法人です。
 
icon健全な財政運営
  厚生年金基金は、将来必要となる年金の原資を加入期間中に積立て(事前積み立て方式)し、その積立金の運用により老後の年金を給付する仕組みです。
そのため、基金では将来の年金を賄うのに、充分な積立状態であるかどうか年 1 回の検証と、 5 年に 1 度は近年の経済指標や基金の財政状況の推移等を考慮した再検証が義務付けられ、長期的に安定した財政を維持しています。
 

icon全国測量業厚生年金基金とは
  当基金は、全国の測量業界で働く人たちの、より豊かな年金と福祉の向上を目指して昭和 47 年 4 月 1 日に設立されました。現在では全国の厚生年金基金の中にあって、加入員の規模や財政面(年金資産額等)で上位に位置する有数の厚生年金基金となっています。
 

icon ページの先頭へ